So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

単衣 [つれづれ]


DSC_0621.JPG



記録

風炉 薄茶点前



菓子  鮎

茶碗絵 紫陽花

棗絵  柳

茶杓  どくだみ

水指  蓋陶器



花   夏咲シュウメイギク

掛軸  泳鮎


6月なので単衣の着物



若先生がいらしたからか

男性のお弟子さんが多かった


若先生はチェコで行われている

日本文化紹介のために

家元と何人かで2週間ほど

お出かけになっておられ

その間お稽古ができなかったので

今日の集中お稽古になったらしい


風炉釜が四つ用意されていて

賑やかなお稽古風景だった



昨日今日 [Daily note]


DSC_0657.JPG






低気圧が近づくと猫が顔を洗うというけれど

私も 昔 骨折した箇所が昨日今日と痛いので

雨になるな....って思ってた

それなのに 昨夜のひどい雷は噓のように 朝から晴れ渡った


風は強く 時々お天気雨も降って

なんだか忙しい一日でした


私の足の痛みの天気予報は

いつもは すっごく当たっていたのに....(๑→ܫ←๑)



人に役立つ人 [Girl Scouting]


IMG_3921.JPG




BSで外国を旅する番組をやっていたので

何気なく見ていたら

旅人が楽しそうな女の子の集団に出会い

  「今 何をしてるんですか?」

  「ガールスカウトで活動をしています。」

  「大きくなったらどんな人になりたいですか?」

  「人に役立つ人になりたいです。」

と言っていました


さすが...世界中で1,000万人の登録人口がある団体です



私は  ”へーっ!!”  と思い 凝視したら

彼女たちは二本の棒に

二枚のTシャツを使ってタンカを作っていたのです



私たちのtroopも 

先週は三角巾で包帯を作ったり応急処置を学び

救急法をやりました



世界中のいたる所で 同じような活動していることがわかって

とても嬉しかったです[るんるん]



二度上峠 [Daily note]


17.jpg



   「倉渕から二度上峠へ向かう途中...

    運転しながらモーツアルトを聴くと恍惚としてくるよ...」

昔、谷川俊太郎さんの朗読会へ行った時

彼が そう言ってたのを思い出した


今日はとっても良い天気で

浅間山の眺望は素晴らしかった[ぴかぴか(新しい)]

寒かったし風もあったので

軽いダウンジャケットを着たら 

ちょうどいい按配だった



葉っぱ [Daily note]


DSC_0551.JPG



おとといから...

日差しは強いんだけれど風が吹くと なんだか肌寒い


風が吹くと葉っぱがこすれあって

しゃらしゃらと擦れるような音がする


夏の強情な葉っぱと違って

まだまだ やさしい音だね




花屋にない花 [Daily note]


DSC_0629.JPG


DSC_0632.JPG


DSC_0631.JPG


DSC_0630.JPG




胡瓜は 今のところ 毎日 収穫[るんるん]

美味しい...(´▽`)



今日 [Daily note]


DSC_2375.JPG




委嘱状が届いた...

悩んだし自信もないけど

やってみることにした[あせあせ(飛び散る汗)]



河太郎棗 [つれづれ]


DSC_0613 (2).JPG



記録

風炉 薄茶手前



菓 子  青梅

棗 蓋  河太郎

茶 杓  先生作

水指蓋  陶器

茶碗絵  紫陽花



掛け軸  忙中閑有

     我有自由 

     蝸牛の絵

花    紫陽花 シモツケ

     


今日は「河太郎棗」という珍しい形の棗を使った

蓋の甲がへこんでいて河童の頭のお皿の形に似ているところから

この名前が付いたと教えていただく...



私の次にお稽古された方は 濃茶点前 小さな棗をお使いになっていた

この流派の現在の当主が 6歳の6月6日に お稽古を始められるにあたり

小さな子供でも扱いやすいように 一回り小さな棗を作られたとかで

そのレプリカを 先生も持っていらして

袱紗に包みやすいという理由から

今日のお稽古用に出されていたみたいだった



四角い塗りの水差しに紙垂(しで)が垂れていて

紅白の結びがしてあったので不思議に思って伺ってみたら...

「客人のために神聖な水を汲んできました、という〝しるし〟 ですよ」

と教えてくださった



思うもの [Daily note]


DSC_0610.JPG



一年先を思うものは花を

十年先を思うものは木を

百年先を思うものは人を育てなさい


            -中国の偉い人のことばー

camp前 [Girl Scouting]


DSC_0624.JPG


DSC_0612.JPG


DSC_0622.JPG




昨日は盛りだくさんの集会だったね[るんるん]

私はくたびれてしまって

早く寝てしまいました

思うように...

まだまだ身体がついていかないねぇ (๑→ܫ←๑) 




青梅 [Daily note]


DSC_2297.JPG




夕べ届いた20kgの梅を 

今日一日で全部漬け込んだ...

去年漬けた 梅ジュース 梅酢 梅干しも

まだ残っているんだけれど

この季節になると なんだかそわそわしてしまい

ついつい注文したくなる

梅を漬けるのは初夏の一瞬の出来事[かわいい]



一般の方々 [Daily note]


DSC_2373.JPG



誰がどのように考えても納得のいかない答弁に あ然

短い受け答えも理解不能

この大臣の

「普通に暮らしている一般の方々...」

曖昧を絵にかいたような言葉

法案を理解できていない法務大臣...

本当に大丈夫なんだろうか



練り切り [Daily note]


DSC_0615.JPG



和菓子は目を楽しませてくれるね

色 形 質感

季節ごとの植物や風物を巧みに表現してる

このお菓子 ふらっと寄った和菓子屋さんで一目ぼれ

がま口に紫陽花...

どうして〝がま口〟なんだろう?

と思ったけれど

ついつい買い求めてしまった

もちろん、食べても美味だった



水無月 [つれづれ]


DSC_0667.JPG




記録 風炉 薄茶点前



菓 子 水無月

茶 碗 青海波

茶 杓 緑陰

水   指 蓋陶器

棗   蛍  

※蛍の光を出すところに螺鈿細工(らでんさいく)がしてあり

角度によって蛍が光を放っているように見えて とっても綺麗だった


花  紫陽花 蛍袋 トラノオ シモツケ ....

※5種類の小さな花が竹籠に活けてあった。

あと一つが思い出せない。





相変わらず 私は風炉薄茶点前をお稽古している

先生は最近

「少し 進みましょうか...」

と言ってくださる

でも  

「今のお稽古をもう少し続けたいと思っています」

そう申し上げた。


まだまだ頭で考えて 身体を動かしているような気がするんです

何も考えず....身体が自然に動くようになりたいんですよね


一生無理かもしれないけれど[あせあせ(飛び散る汗)]



アップルパイ [Daily note]


DSCF3701.JPG




おやつで頂いた

老舗のアップルパイ

やっぱり...ここのは美味しいね

幸せ[るんるん]



文鳥 [Daily note]


DSC_0641.JPG




新しい家族が増えた

名前は〝おもち〟[ぴかぴか(新しい)]




キャンプ準備 [Girl Scouting]


DSC_0645.JPG




あっちのcamp[るんるん]

こっちのcamp[るんるん]

毎日のように会議が続いてる...


私の頭の中は

あれもこれもと

取り散らかって収集がつかないね




頂き物 [Daily note]


DSC_0641 (2).JPG


hi-saちゃんより頂いたミニトマト 

甘ーい!



DSC_0647 (2).JPG


kh-mi-さんから頂いた梅ジャム 

甘酸っぱさがたまらない





トマトもジャムも

本当に美味しかったです

ありがとうございます

感謝[ぴかぴか(新しい)]




帰り道 [Daily note]


DSC_0430.JPG



週に一回 放課後ボランティアで地域の小学校へ通っている

自転車で通る道に親友の家があり

帰りにモッコウバラの垣根のこっちから

「Aちゃーん いる? パッチワークすすんだ?」

いつも声をかける


テラスの向こうの網戸があいて

メガネを頭にのせて 針を持ったまま

「Green 体調どう?」

「いいよー!」と私

「寄っててー! お茶でも飲もうよ!」

「また 来るねー!」

毎週 このやり取りが繰り返される


数か月に一回ぐらい

長い長ーいお喋りをするけどね


会うのは ほんの一瞬だし

彼女は作業中なのだから

声を掛けなければいいんだろうけれど

なぜか 同じことを繰り返す



多分 私は彼女のことが

うーーーんと好きで...

声を掛けずにはいられないんだろうと思った

〝もの〟のありがたみと

〝心〟の大切とを

まるごともった感じの人だから[るんるん]



 [Daily note]


DSC_0424.JPG





もちろんお会いしたことはない

私の娘と同じ歳...



勝手に自分の家族みたいに感じ

1日も欠かさずblogを読み

30近くも年下の彼女に

励まされることは多かった



今日 ニュースで

海老蔵さんの会見を見ていたら

涙が止まらなくなってしまい

自分でもびっくりした



今頃は 痛みから解放されて

西方十万億土を旅されていることでしょう



あなたは虹のような人でした

虹は消えてしまうけれど

虹が出ていたことは

みんな覚えているからです



小林麻央さん

ご冥福をお祈りします