So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

4月1日 [Daily note]


DSC_0419.JPG




エイプリルフール 

人をだます時には

楽しくてやさしい嘘を

お願いします...(*´▽`*)



観音山清掃 [Girl Scouting]


DSC_0499.JPG





ガールスカウト活動で 観音山清掃へ参加した

20年近く参加しているが

毎年 桜が満開か 桜吹雪の中を歩くのが常だったのに

今年は蕾も固く 茶色のままだった




子供たちも元気いっぱいで

歩きながらゴミを拾い

その後 畑へ移動して じゃがいも植えをした[あせあせ(飛び散る汗)]



多分 今頃 白河夜船だと思います[眠い(睡眠)]


先達 [Daily note]


DSC_0507.JPG





Haruruさんの家を訪問しました

もぅ...本当に愉しかった

あっという間の5時間でした



エネルギッシュに 歳を重ねた方々のお話を訊くのは刺激になったし

あの聡明さ 経験の積み重ね

たくさんのことに裏打ちされた逞しさに

圧倒されました[ぴかぴか(新しい)]




自分の周囲に

こんなに魅力的な方々がいるなんて...

私は 幸せだと思います[るんるん]



DSC_0523.JPG

                                                                  舌切り雀



4月4日 [Daily note]


DSC_0098.JPG





もう20年以上前から

毎年 3月に入ると 便りが届く

「今年も 桜の木の下で逢いましょう!」

 

約束の場所へ 

毎年同じ日 同じ時刻に

あちこちから集まってくる仲間



みーんな 歳を重ねて

おばあちゃんになったり

おじいちゃんになりました




来年も また

桜の木の下で 必ず 逢いましょう...


形見のネクタイ [Daily note]


DSC_0444.JPG




何年か前

息子の友人がスキー事故で亡くなった




形見にネクタイを10本ぐらい頂いて

袋に入ったままになっていた




私が息子に

「せっかく頂いたんだからスーツを着た時に 締めればいいのに...」と言ったら

「残念だけどシミだらけなんだよ。 クリーニングに出しても落ちなかったらしいんだ。

 下地の色が薄いから目立つんだよ。 どうしたらいいだろね」

「母さんが もらってもいいかな...」

「勿論いいよ」

こんなやり取りは 去年の秋だった





あれから 少しずつ綺麗な部分だけを切ってつなげてきたら

今日 シルクの綺麗な一枚の布になった

ラインで息子に この写真を見せたら

「Yも きっと喜ぶと思うよ」

珍しく すぐに返事があった




これから ゆっくり

この布で 手提げを作るんだ~ (*´▽`*)



棗 なつめ [つれづれ]



DSC_0197.JPG






今日のお稽古 


茶碗柄  桜

棗    誰が袖棗(たがそでなつめ)

茶匙   塗り赤 桜


今日の棗(なつめ)の柄は 「誰が袖棗」で

描かれている着物の柄は桜と燕だった




お花   椿 (白雁 日本誉)

掛け軸   喫茶去





着物  Yおばさんの小紋 

帯   橙

帯留め 珊瑚





うーむ...

お茶って面白いと思う (*´▽`*)



庭に来る鳥 [Daily note]



DSC_0565.JPG





暖かくなってきたら

鳥たちが ほんとうに賑やかに鳴いている




集団でやって来る グレイがかった水色のオナガ

つがいで訪れる 黄緑色のメジロ

遠くから見ている シジュウカラ

他の鳥を蹴散らす ヒヨドリ

チョコチョコ走り回る ツグミ

和菓子みたいな ウソ


ジョウビタキの♀ ジョビコ子さんは 最近姿を見せないね





鳥を見てると 時間が経つのを忘れてしまう[るんるん]



わんさか [Daily note]



DSC_0574.JPG




スズランの芽が出始めた

ということは...

どくだみの芽が一緒に出るね[ひらめき]





この どくだみ

花は可憐なんだけれど

採っても 採っても すぐ芽が出てくるので

ある意味

戦闘モードへ突入...(๑→ܫ←๑)





今日は 庭に雀がたくさん来てくれた

最近 あまり見ないので 

私のなかでは

雀は珍しい鳥になってる

昔 父が

   「シジュウカラは 漢字で”四十雀”と書くんだ

    雀40羽と 取り替えるほどの値打ちがある、っていう意味で

    ゴジュウカラは 漢字で”五十雀”と書いて

    雀50羽と 取り替えられるっていう意味なんだよ」

と言ってた...

そういえば 昔は 人家のあるところには

雀は わんさか いたような気がする



少なくなってるとすると

寂しいね[たらーっ(汗)]




おぼろ月 [Daily note]



DSC_0105.JPG

春の月は ゆるゆるして

輪郭がぼんやりしてる

絵を描くとしたら

にじませて色をのせる感じかな...



******************************




夕方 青少年会館の駐車場に出たら

風が強く チラホラ桜が舞ってて 

とっても寒かった

それでも 4人で立ち話し...

いくら話しても 尽きないね

長い間 重責を担ってきた3人に

本当にお疲れ様でした

そして...

心から ありがとうございました[るんるん]


ありゃりゃ [mio*mi-o]


DSC_0556.JPG





mio*mi-oが 私に

   「ばぁばが生まれた江戸時代にはさぁ お花見ってあったん?」

   「そりゃねぇ 豊臣秀吉が醍醐の桜でお花見したっていうから

    お花見は500年前、600年前、もっと前からもあったんじゃないの?

    っていうか...ばぁばは江戸時代に生まれてないからね。

    昭和っていう時代に生まれたんだよ。」

   「えーっ! そうなん! びっくり!」

   「びっくりは ばぁばのセリフでーす!」

mio*mi-oは

時々 ありゃりゃ...ってことを言うんだよね (*´Д`)


焼きいも [Daily note]


DSC_0643.JPG





今日は雨も降っていたし 寒い一日だった

大きなさつま芋があったので

まずアルミホイルで包み

それから濡らした新聞紙に包み

その上にまたアルミホイルを巻き

ストーブの上に放置しておいた

3時のおやつにはもってこいの焼き芋の出来上がり[るんるん]



90歳の義母に

  「湯気もごちそうですね。」と言ったら

  「私はいつご飯食べたんだっけ?

   ここ何日も食べていないような気がする。」そう言った。




食べたものを忘れたのではなく...

食べたことを忘れるようになってから

もう何年も経つね[たらーっ(汗)]


小豆 [料理]



DSC_0634.JPG





真空調理鍋  二重構造になっているシャトルシェフ

豆を煮たり 糀の発酵 煮物... 

なんでもすっごく簡単に調理できて本当に便利[るんるん]



シャトルシェフの内側の鍋に小豆を入れて

グツグツ15分ほど煮て 

アクをとるために流水で洗ってから

もう一度 火にかけて煮立たせる

そして 外側の真空になっているカバーの鍋に入れて1時間放置

それから 砂糖 少しの塩を入れて味をつけ

今度は カバーの鍋に入れずに 一晩放置

そうすると 小豆の芯まで甘みが染みこんで 失敗しないで煮える




口に含むと ほろほろと崩れる食感や

小豆の煮えた 柔らくて独特の香りは幸福な気分になる



私は断然....つぶ餡派[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


透木(すきぎ) [つれづれ]



DSC_0166.JPG





今日のお茶

釜は つばが広く透木(すきぎ・桐の木)がしてあった

   *季節によって気温が高くなると炭火の暑苦しさを

    客に感じさせないためだそう...

茶碗  枝垂れ桜

棗   笙

茶匙  煤竹




稽古  薄茶

お菓子 蝶 

お花  椿 




着物  H母 小紋(紺)

帯   薄ピンク

帯上げ/帯留め 萌黄色





着物を着るのにさほど時間がかからなくなった

名古屋帯でも袋帯でも 20分弱で着られるようになったので

これからは時間が読めて気持ちが楽

ここまでくるのに 1年かかった

諦めないでここまで来れたね




今日は濃茶を頂く稽古をした

本当に美味しかった...


ため息 [Daily note]


DSC_0535.JPG





私は人生の三分の一の時間を

探し物に費やしているような気がする

本、書類、家や車の鍵 懲りもせず 

何かしら失くし物をしていて

ため息が出るね



はぁ...[たらーっ(汗)]



Girl Scouts meeting [Girl Scouting]


DSC_0516.JPG



この活動をしていると

幼い人との出会いがあり

小学校低学年の少女に出会った時には

( 10年後はどんな女性に成長しているだろう?!)

そう思うと 本当にわくわくします。


親でもない 祖父母でもない 親戚でもない私が

ひとりの少女期から思春期 そして大人の女性に成長していく 

その過程に寄り添える喜びを 本当に嬉しく思います。

少女たちが 小さな達成感を積み重ねるたびに

顔つきが 変わっていくことを眺められること...

これは 他には感じられない大きな喜びです。




今日、帰り際にHちゃんが近寄ってきて

  「さようなら」

今まで そんなことなかったので

  「さよなら またね」 

思いっきり抱きしめながら返事しました。

うーーんと迷惑そうでした(笑)


One-day trip [Girl Scouting]


DSC_0164.JPG



 

Girl Scouts の meeting があって

仙台へ行ってきた

予定されていた会議の時間と

新幹線に乗っている時間が同じなのは

ちょっと勿体ないね...


でも... Yちゃんとの短い旅は 楽しかったです

おおらかで思いやりがあり 思慮深いYちゃん

年代が違うので

この活動をしていなかったなら

出会うことができなかったかも 




会えて 本当に嬉しいです

ありがとうございまーす(*´▽`*)


引き返す [Daily note]


DSC_0536.JPG





昨夜 新幹線を降りて

駅のコンコースを歩いていたら

みんなが一度立ち止まり 

見下ろすような光景があったので

通り過ぎる時 気になって見たら

そこには 仰向けで

右手にスマホ 左手にヴィトンのバッグ

靴は片方が脱げていて

スカートは胸までたくし上げ

下着が丸見えの

泥酔して眠りこけている 

30歳前後の女性がいた (*´Д`)




私はいったん通り過ぎ

西口階段を2~3段降りてから 

やっぱり引き返した...




寝ている女性の 肩をポンポンと叩いて

「うちはどこ?」

と聞いたら その女性は びっくりして起き上がり

あたりを見回し

「〇〇ホテルに泊まってる」と呂律が回らない口調

「こんなところで寝ていたら 身体が冷えるから送ります。

 ここからすぐだから」

よれよれの彼女を支えて歩き

駅に隣接しているホテルへ送っていった


彼女のお母さんが この姿をみたら

きっと心配するだろう....

そう思ったら

放っておけなかった




帰宅して この話を家人にしたら

「夜回り先生みたいだね...」

そう言って  私を冷やかした...(๑→ܫ←๑)


春の嵐 [Daily note]


DSC_0026.JPG





今日は ひどい風が吹いていて 

春の大風の親分が やってきたような感じだった[あせあせ(飛び散る汗)]



植木鉢が倒れる

どこからかビニール袋が飛んでくる

洗濯物は ばたばた音をたててあっちこっち振り回される

ゴービュルルル....




せっかく出てきた芽も

さぞかし びっくりしたことでしょう[るんるん]


 [Daily note]


DSC_0891.JPG





あたり一面...

連日 ひどい風で

お祭り騒ぎのような花びらの嵐




それでも 暗くなるのは遅くなって

草むしりを始めたらやめられない

「ひゃー もうこんな時間!?」

なんて言いながら

日が伸びてることが なんだか

うーーんと嬉しい[るんるん]

 


金太郎 [つれづれ]


DSC_3172.JPG





お稽古  炉 薄茶


茶碗   絵 金太郎と熊が相撲をとっている可愛い絵だった。


棗    藤


茶匙   塗黒 菖蒲


菓子          花山吹


 


お花   タイツリソウ


掛け軸  薫風 (絵 鯉のぼり)





茶室で話してはいけないこと


人の悪口  人の財産  政治  宗教...と


教えていただく




先生(男性)は読書家で穏やかでフェミニスト


先生(女性)は優しくて明るく思いやりに溢れ




お二人と過ごす 空間と時間は


本当に素敵 素敵 素敵[ぴかぴか(新しい)]