So-net無料ブログ作成

12年目 [Daily note]


DSC_3092.JPG


久しぶりの更新...

気がついたら Blogを始めてから 12年目に入ってた



Ohniさん Tomoさん Hisaちゃんのご主人...

ご心配頂きありがとうございます



また のんびり ゆっくり綴りたいと思います


雛人形 [Daily note]

Green's log




5年前 金沢へ行ったとき

九谷焼の雛人形が 店のガラス越しに飾られていて

いいなぁ...と思った

でも 

陶器にしては大きくて 値段がちょっとね...高かった

「欲しかったら買えば...」 Takaさんはそぅ言った

「そうねぇ 買わないと あとで後悔するかもね」と私

あれこれ悩んで 考えて 

そうして 我が家へやってきた



来てくれて ありがとうね!

明日は雛祭りだからお寿司を作ろう...



ドングリ [Daily note]


DSC_3130.JPG




庭のスノードロップの近くに ドングリが落ちてた

うちの狭い庭にはドングリの生る木はないから

不思議だなぁと思って観察してたら

なんと 毎日1個づつ増えていくのだ




今日 わかった[ひらめき]

鳥(多分...ツグミ)がドングリをくわえて飛んできて

庭の木の枝に林檎が刺してあることに気づいて

ドングリを口から落とし 

林檎に食いついているらしい(´▽`)




ドングリはもしかして お礼?!

そう考えると 

なんだか楽しくなってくるね


みかん 2017 [mio*mi-o]


DSC_0021.JPG





この冬...

我が家では 10kg箱に入ったみかんを 6回購入

小袋も度々買い求めていたので

合計70kg近いみかんを消費したことになる



誰が主に消費していたか...

mio*mi-oが7割でTakaさんが2割、そして他の家族が1割

よって...

mio*mi-oは この冬いつも掌がオレンジ色だったね...(๑→ܫ←๑)


弥生 [つれづれ]


DSC_0372.JPG


今週のお茶のお稽古は

3月ということで釣り釜が設えてあり

ゆらゆら揺れて 柄杓の扱いが心もとなく とても難しかった


長い間 お稽古されている年配の方は

「釣り釜を見ると 春がきた!っていう感じがして嬉しいですね」

とおっしゃった 

先生は私に

「扱いづらいでしょうけれど かげろうや風といった春の風情を表しているんですよ」

私にも 釣り釜を見ると ”春だなぁ” と感じるときが来るんだろうか....

ふと そう思った


リコイルスターター [Daily note]


DSC_0394.JPG






狭庭に畑を作ろうと思って

去年の秋から 木を引っこ抜いていた


中古の小さな、小さな耕運機を購入したら

リコイルスターターというもので

紐を引っ張ってエンジンを稼働させるらしい

私にとっては これがやっかいで

何回紐を引っ張ってもエンジンがかからない




信号ふたつ行ったところの農機具やさんはとても親切で

うちにやってきて

耕運機の使い方 使用した後の手入れ

肥料の撒き方 苗を購入してからの管理 etc...

根気よく 優しくレクチャーしてくれた


それでも....私がやるとエンジンがかからない

汗びっしょり 肩と腕に力が入ってブルブル震える

農機具屋さん 家人がやると一回でエンジンがかかるのに...



これでは 畑の土づくりができないね




でも 去年の今頃は

自分は あとどのくらい生きられるのだろうって

結構 真剣に考えてた時があった

今は土を相手に 無駄に格闘していられるのだから...

幸せかもね[るんるん][るんるん]


庭に来る鳥 [Daily note]


DSC_0992.JPG





家の庭に来る鳥を 例えてみると...

カラスは...ギャング

ヒヨドリは...暴〇団

ムクドリは...暴〇族

スズメ、シジュウカラ、メジロ、ジョウビタキ...一般市民

ツグミ...政治家

って感じがする(笑)


今日は 昨日のリコイルスターターの紐の影響か

右腕が痛くて上がらず 何もできない トホホ





農機具やさんが ペンチや軍手やらを忘れたので

自転車に乗って届けた

そしたら

「あれ 奥さん どこかで最近会った気が....」

と言ったので

「昨日 中古の小さな耕運機を買いました。ご親切に説明してくださいました。」

と答えたら

「あれー! 昨日は マスクして眼鏡かけてたからわからなかったよー!

 俺はどこにでも 商売道具を忘れてきちまうんだ!

 届けてくれてありがとうございます。

 一年間、修理は無料ですからね!!」

と言ってくださった...

が、しかーし

男版 サザエさんみたいで

なんだか 信用できない気がしたね...(๑→ܫ←๑)


母の娘 [Daily note]


DSC_0179.JPG




他界した母の着物箪笥を開けたら

母の着物に混じって

私の着物やら長襦袢が出てきて驚いた



それぞれの着物の上に

私の名前と あつらえた月日が半紙に書いてあったからね



これから お茶のお稽古に行くときは 

この着物を着よう...



母に愛されていたこと

しみじみ感じながら 

懐かしい筆跡を指でなぞった午後だった


 [Daily note]


DSCF5045.JPG





ここ5年ぐらい 2,3か月ごとに

生糀を2kg購入して

1kgを塩糀にして冷蔵庫へ 

あとの1kgは甘酒にし 小分けで冷凍しておくのが習慣になってた



でも....

最近の糀ブームで 生糀がどこのお店でも売り切れ!

3月下旬か 4月にならないと手にはいらないらしい

もう 本当にびっくり!!



Takaさんが 新潟へ行く用事があり

酒蔵に寄ったら 売っていたとかで買ってきてくれた

300gの生糀...

大事に 大事に仕込むとしましょう[かわいい]

 


ホトケノザ [mio*mi-o]


DSC_3146.JPG




mio*mi-oが 

学校帰りに摘んできてくれた ホトケノザ

一緒に 渡してくれた紙には

大きな字で ままへ

その文字の下に 小さく  ばぁばへ

と 書いてあった(笑)




硝子のコップに活けたら

春の光りの中

この花のピンクで

優しく 温く 元気になりました[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

 

 


祈り [Daily note]


DSC_0376.JPG



今日...

14時46分 黙祷を捧げた

つらいことや悲しいことに 敏感になりすぎないように

そして

幸せであることに鈍感にならないようにしなくては、ね

たくさんのことを考えて祈った...3月11日


花筏 [Girl Scouting]


DSC_1364.JPG




「花筏 はないかだ」という素敵なネーミングの

Girl Scoutsの大人の集いに参加した


50年間この活動をされてきた Haruruさん

いつも心に響くお話をしてくださり ありがとうございます


春の花で活けられた花木  お菓子の器  箸置き

素晴らしい手仕事で この会を彩ってくださったみなさま 

ありがとうございます



この何年間か 

たくさんの重責を担って活動された仲間に

感謝の言葉もかけられないまま

帰宅してしまったこと...ちょっと心残り

本当にご苦労様でした 

そして ありがとうございました

少し のんびりしてくださいね





豊かな暮らし というのは

物質的なことばかりではないような気がする

出会いを楽しむことのほうが

比率としては断然多いかもしれないね

今日 会っておしゃべりできた仲間

朝 会館の駐車場で オナガの群れに遭遇したこと

みんな楽しい時間だった

 


菜の花のスパゲティ [料理]


DSC_3122.JPG





地元の新鮮な野菜を売っているお店に行ったら

菜の花がたくさんでてたので購入

生ハムと菜の花のスパゲティ 

味はニンニクと塩糀




今日は疲れが出たのか

常に 横になりたかったです

体調が良いと  ついつい動き回ってしまい

時々 こうやって調節しなければならなくなるね

トホホ...

私はいくつになっても学べない人間です...(*´Д`)

 


自然体 [Daily note]


DSC_0038.JPG





もう自分は若者ではないのだなぁ...

という当たり前の事実を

しみじみ かみ締めることが最近増えてきた




本を取りに2階へ上がり

そのまま読みふけり

夕方に近づいてびっくりする...

(はて 自分は なんでこうして本を読むことになっちゃったんでしょう!?)

と思い 最初の目的に気付くまで数分かかる



ヤマトの宅配や生協の配達の青年に

「ご苦労様です、車の運転気をつけてね」と ついつい声をかけてしまう



他にも数えればきりがないほど 歳を重ねた実感はたくさんあるのに

心のどこかで...

まぁ なんとかなるでしょう! 

今日は人生で一番若い日なんだから 何かやろう!

っていう気持ちも 

ないことは...ないし (´・ω・`)v


自然体で 毎日生きられれば それでいいよね [るんるん]

 

 


彼岸前 [Daily note]


DSCF4158.JPG




兄のひとりを 母のお墓掃除に誘った


この兄とは いままで

うーんと仲が良いというほどでもなかったけれど

母が亡くなってから 

共通の喪失感(お互いこの歳で!)により

くだらないおしゃべりもするようになった(笑)



高台にあるお墓は 赤城山が一望でき

寒風が強く当たる場所...

あたり一面 香を漂わす蝋梅の木がいっぱいで

大きな枝垂桜のつぼみは固い赤色



今日は本当に寒い、寒い一日だった[あせあせ(飛び散る汗)]


セントラルステーション [Daily note]


IMG_2341.JPG




息子が転勤したので 引っ越しを手伝いに行った時

箱の中から DVDがたくさん出てきた

映画好きな息子らしいラインナップ....



その中に 「セントラルステーション」があったので

私は 〝やっぱりね!〟と心の中で思った

息子が中学生の時 

地元の映画祭で上映された作品の中のひとつで

二人で観に行って 

お互い涙が止まらなくなってしまった映画だったから



ブラジルの  リオデジャネイロの中央駅で

手紙の代筆をしてお金を稼いで暮らしている(ブラジルの文盲率は高い)

偏屈な老いを漂わせている元教師の女性が

いろいろあった経緯から ジョズエという少年を遠い実家に送っていく

長い旅の物語だった



私も記憶に残っていて

BSで放送された時には 深夜だったし

周りに家人も居なかったので

最後 思いっきり泣いた(笑)



今は息子も結婚して

一緒に映画を観る機会もないけど

心に残る映画が同じ...というのもなんだか嬉しかった[るんるん]


和菓子のアン [本]


DSC_0014.JPG

和菓子のアン 坂木 司著 



タイトルに惹かれて読み始めた

表紙には梅の焼き印のある お饅頭

18歳の梅本杏子がデパ地下の和菓子屋さんで働き始め

お客さんに上生菓子について聞かれることから

和菓子に興味をもって いろいろ学んでいくというストーリー



「こなし」「練りきり」など知っているようで知らないことばかりで

なかなか面白かった



特に おはぎについては 「ほーっ!」と思わず口にしてしまうほど...

おはぎは 七変化する名前を持っていて

春の 「ぼた餅」  秋の「おはぎ」 ← これは知っていた!

糯米を搗かずにつくるから 「つきしらず」

月を当てて 「月知らず」

月が見えないから 「北窓」

いつ着いたかわからないから 「夜船」

搗いている音がしないので隣にもわからないから 「隣知らず」

まぁ...なんというか

日本人は 言葉遊びが好きなんですね...



あっという間に読んだ 

私はやっぱり ケーキより和菓子のほうが断然好き(*´▽`*)


くしゃみ [Daily note]


DSC_2830.JPG


鼻水と くしゃみがとまらず

目がかゆくて たまらない...

いよいよ私も花粉症発症?!




3月になってすぐの頃

畑の土作りをしたから

そろそろ そら豆やスナップエンドウの苗を

移植したいんだけど...

目が痒かったり 鼻水がとまらなかったりして

外へ出るのが怖ーい  (*´Д`*)



危機管理 [mio*mi-o]


DSC_1338.JPG





認知症を患い 今年90歳になる うちのおばあちゃん

庭で縄跳びをする ひ孫を眺めていた

おばあちゃんが歩き始めたら

mio*mi-oが 跳びながら 

「あーちゃん 門から出ちゃだめよー!」

すぐに反応

    ※あーちゃん ひいおばあちゃんのこと



七歳にしては..

危機管理能力に優れていると思います(笑)

感心 感心[かわいい] 

 


春分 [Daily note]



DSC_0475.JPG



 

春分の日

太陽が真東から昇り、真西に沈む日

阿弥陀仏の極楽浄土は西にあるっていうから

真西に太陽が沈む今日は

夕日が極楽浄土への道しるべ...

これから日照時間が増える! 

そう思うだけで

なんだかワクワクしてくる[るんるん]



今朝は早く起きて ぼた餅を作った

友人は 

「和菓子屋さんが近所にたくさんあるんだから 買えばいいのに...」 

と言うけれど

私は...自分で作るぼた餅が好きなのよー(*´▽`*)