So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

おでかけ [Daily note]


IMG_8277.JPG




野菜とパンの美味しいレストランへ...

外でお昼ご飯を食べたのは 久しぶり[るんるん]




鯉のぼり [Daily note]


IMG_7292.JPG




去年の今頃(もう一年も前のこと...)

息子夫婦の住む町へ行った帰りに

国道沿いにあるお饅頭屋さんへ寄った。

会計する横にお煎餅があったので

袋入りのお煎餅も購入。


自宅に帰ってお煎餅を食べようと思ったら

味がなんだか少しヘンだった。

ぬれせんべいでもないのに

微妙に湿気ていた。


日付を見たら賞味期限が切れていたので

直ぐに電話して

「賞味期限が切れているようです。

 他のお客様が購入される前に確認された方がいいと思います。」

と言ったら

「申し訳ありません。すぐにお取替えいたします。

 お饅頭ばかりに気をとられていて....

   お煎餅も 気をつけてはいるのですが。

 ご足労をかけて申し訳ないのですが

 ご来店いただけますでしょうか。」


私は....

取り替えてもらいたい気持ちはないこと。

多分 気付かれていないと思って、電話しただけであること。

それだけを伝えて電話を切った





そして 一年も経て

そのお店から電話があったのだ

「もしもし 私は〇〇饅頭の者です。 

 そちらさまは 以前 当店でお煎餅を購入されて

 わざわざ電話をくださった方でしょうか。

 ナンバーディスプレイの番号を

 紙に記しておいたのですが

 一つ番号を間違えて書いてしまったみたいで

 こうして 何軒か電話をかけてお尋ねしております。」


「あぁ...きっと 私だと思います。」


「良かったー! あれから あちこち電話をしました。

 実は4月いっぱいでお店を閉めることになりました。

 なので、ご迷惑をおかけしたお客様にご連絡をして

 お詫びをかねてご挨拶させていただいています。」


「えーっ!

 名前を申し上げなかったばかりに、ご迷惑をおかけして

 いたんですね。」



それから 

お詫びの気持ちとして

お饅頭とお煎餅を

「持参する」 「送る」

「お気持ちだけで結構です」

などの やり取りが

電話を通して 何回か続いた。



私は、これ以上相手に負担をかけては

申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまい、

話の結果 店を訪れることになった。



お金を払うつもりだったが

お店のご主人は とうとう受け取らず

「気になって...気になって。

 これで 思い残すことはありません。

 ほっとしました。」

そう 言った。




お店から出たら 大きな鯉のぼりが3匹

4月の雲ひとつない空の中

気持ちよさそうに泳いでいた。



律儀な人...そう思った。






学習参観 [Daily note]


IMG_1945.JPG






今日は ママが出張中のため

私がmio*mi-oの学習参観へ行ってきた。



mio*mi-oは  授業中

おっちょこちょいのばぁばが

何か やらかしはしないかと 心配で

こっちをちらちら見てました....(๑→ܫ←๑)






前の3件 | -